BROMPTONをちょっとカスタム

BROMPTONをちょっとカスタム

BROMPTONを快適に使いたい

以前MINI城東鶴見店で行われたMINI×BROMPTONイベントで
カスタムしたBROMPTON 3台を持ち込んで展示していたお客様から
いろいろ教えてもらいました。
同じMINIとBROMPTONユーザーですから話もはずみます♪
そこで参考になったモノをこの度取り付けたので紹介します。

MKS 三ケ島ペダル

三ヶ島製作所は競輪選手が使っているペダルも手掛けている自転車ペダルのメーカーさんです。
なぜペダルを交換したくなったか?
「見た目・軽量化・丈夫さ」の3点です。( ´艸`)
自分がダイエットしたほうが効果的ではありますが、それを自転車側に求めた訳です。
軽くて丈夫ってステキです。

BROMPTONでペダル交換をするときには重要な問題があります。
乗ってる方ならすぐ気が付くことですが、左のペダルが折り畳み式になっている件です。
輪行の際も、車積み込みの際も、持って移動する際も降りたためることが大きな利点であるので
これが出来ないと交換するメリットが無いわけです。
それがMKS PROMENADE ONESIDE EZYだと、ワンタッチで左のペダルだけ着脱出来ます。

最初の取り付けは工具が必要なのでBrompton Junction Kobeでお願いしました。
BUROMPTONはココで購入しているので、メンテナンスはすべてココでやってもらってます。

BROMPTONに持ち手をつける

これはカスタムと言うよりは便利グッズです。

イギリスの「Off yer bike」というメーカーのcarrying handleでフレームカバーの役割
もありますが、折りたたんでいるときの持ち運びが断然楽になります。
Off yer bikeのサイト(英語です)にuse動画があります。
その動画のスマートさ、カッコよさも購入のきっかけになっちゃいました。

取付はマジックテープなので簡単なのですが、付け方でゆるかったり位置が悪いと
サドルを一番下まで下げられなくなることもありますとの情報もあり、
Brompton Junction Kobeでこれまた取り付けしてもらいました。
まちがいないです。

試運転(まとめ)

早速、行楽日和の神戸ハーバーランドを走ってきました。
写真を見るとなんとなくわかるサドルの大きさ。
クッション入りのサドルカバーかけてます。
長時間乗るといオシリ痛くなるけどレーシングパンツは穿きたくないし
ビジュアルココだけ捨てました。(‘◇’)ゞ

ペダルに関しては漕いでる時も快適です。
一番感動したのはN-ONEに積んだ時にペダルを外さなくてもドアが閉まること。
今までは左ペダルをたたまないと積めなかったので一手間省けました。

持ち手はちょっと感動です。
今までフレーム持ったりサドル持ったりしていましたが、しばらく持つと指がつらくなって
一度下ろして持ち直したりしていたのが解消されました。

プチカスタムして良かったです。

あとは日本の鉄道も輪行袋無しで自転車が積めるようになると便利なのですが、
海外のような自転車を持ってバスや電車で移動する文化が無いのが残念です~(-“-)