九州縦断東回りの旅:大分~熊本編

九州縦断東回りの旅:大分~熊本編

新門司港~熊本(阿蘇)までの旅

九州縦断東周りの旅の2日目は大分~熊本です。
ゴールは阿蘇白水温泉 瑠璃でゆったり温泉につかる!
名門大洋フェリーから下船
していざ出発です。

九重夢大吊橋(大分)

コンバチをフルオープンで走るなら
やっぱり峠道が楽しい。
狭霧台を越えて、湯布院へ。
初日は雲もあり、オープンには最適でした。
途中、道の駅ゆふいんで「かぼす」購入。
傷みの無いきれいなかぼすはお土産用です。

九重夢大吊橋は、標高777mにかかる歩道専用の吊橋で日本一の高さです。
ゴジラもくぐれる高さです。
さて橋を渡るのに中学生以上500円でチケット購入します。

気の利いた写真が撮れなかったので(人が写り込みました・・・)
九重夢大吊橋のサイトでステキな写真を見てください!
足元もスリットから真下が見れるのでスリルあり、横を見ると女滝と男滝が迫力満点。
もちろんちょっと揺れます。
今回は夏の風景を楽しみましたが、秋の紅葉なんかきっと良さそうです。

鍋ケ滝(熊本県阿蘇郡小国町)

滝の落差10m、幅20mの滝のカーテンは滝の裏側に回って内側から見ることが出来る
というので、これは映える写真撮れるぞと期待大です。
結果、鍋ケ滝は期待以上の美しさでした。

鍋ケ滝の入園料は大人300円です。

滝へ向かう階段があるのですが、石畳の中にハート型の石が5つ隠れているとか。
その情報、帰ってきてから知った(+_+)。
5つ全部見つけられたら幸せになれるとか・・・残念。
9万年前の阿蘇山の巨大噴火で出来たというこの滝の裏側は、自然の力の凄さを
感じるのに十分なスケールでした。

そして旅の友「G7X」を使っていい写真撮るぞっ!と張り切ったものの・・・
絞りを開放してみたり戻してみたり
ホワイトバランス変えたり戻したり
迷走しすぎてわけ分からなくなり、AUTOになったり・・・

難しい。
もっと勉強が必要だと痛感しました。
ごめんG7X。

大観望(熊本県阿蘇市)

G7Xに謝りつつ
さらにフォトスポットの大観望へ。
ここは熊本行くなら絶対行ったほうが良いよと、言われ続けたポイントです。

・・・
真っ白。
雲海ではないなあ。

キレイな写真はまたしても阿蘇大観望茶店のサイトからご覧ください。
もはやカメラが良いかどうかという事ではなくなってきた。

これはリベンジ案件になりました。

最初に曇っててオープンに最適!なんて書いてたワタシは愚か・・・

阿蘇白水温泉 瑠璃(熊本県阿蘇郡南阿蘇村)

日帰り立ち寄り温泉に宿泊施設が併設されている
阿蘇白水温泉 瑠璃が本日の宿です。

白水温泉の泉質はナトリウム-炭酸水素水塩泉(中性低張性高温泉)です。
適応症としては、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、
間接痛のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔病、
冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きちきず、やけど、慢性皮膚病
です。

お部屋は庭園付き和室の「われもこう」
お風呂は日帰り温泉へ宿泊者向けに貸し出ししている、シャンプーとトリートメント
を持って入浴しに行きます。

夕飯なし(朝食付き)プランだったので近くに居酒屋がないかフロントで聞いて
行ってみたもののなかなか見つからない。
街灯がないから真っ暗・・・車のライトを消すと闇です。
30分迷走してようやく見つけた「旨乃蔵」というお店に入店。

え?定食屋
困ったな。
(あか牛)と(馬刺し)が付いている
定食2,200円を1セットとハイボール
をオーダーしました。
あか牛も馬刺しも美味しいけど物足りない。
2人で1セットを分けわけして食べました。

戻る途中にコンビニに立ち寄りちょっと買いだしして部屋に戻る。
温泉で買った馬の燻製もあったので、部屋飲みに突入!

やっぱコレでしょう〜
ワタシ、お酒飲むときはお米食べないんですね。
だから定食でお酒飲めないんです。
ただの我がままなんですが・・・
あと夕飯付きの宿は、無理して食べ過ぎて
しまう傾向にあるので
地元のスーパーマーケットに買い出しに行って
部屋飲みするのがお気に入りです。
でもスーパーマーケット見つからなかったので
不完全燃焼です。

翌日は阿蘇山の火口チャレンジですが、朝の8:30分にならないと登れるかわからない
ので早く寝て朝に備えました。

翌朝の朝食は
理想の和食です。
量もちょうど良いし、ご飯も美味しい。

天気も良いしこれはイイ予感しかしない。

阿蘇山の火口規制情報はGOです!行ってよしです!

さあ、続きは3日目の熊本〜宮崎編で!